2015年02月21日

どうもキプロス系ブローカーも日本在住者を...


またまたあんまり嬉しくない情報です。

いつものごとく仄聞ですので、記事の内容にに一切の責任は負えません!わーい(嬉しい顔)

自己責任で判断してくださいね!

「日本の金融庁の職員が、キプロスに乗り込んだ模様...」

目的は不明ですが、なんとなく想像はつきますよね。

官僚は手ぶらじゃ帰って来ないだろうなぁ〜ふらふら

という訳で、キプロス系ブローカーもひょっとしたら利用できなくなる日が近いかもしれません。

じゃ、ニュージーランドだ!

マルタだ!

ヴァージン諸島だ!

モーリシャスだ!

って考えるのは何の解決策にもならない気がする。

日本語HPがあろうがなかろうが、派手にIB使って営業活動してるところは日本在住者受け入れ拒否せざるを
得ない状況になるのは、時間の問題だと思います、残念ですが。
(半年先か2年先かは分かりませんが...)

僕自身も利用予定のブローカーについて、このブログで案内するつもりでしたが
記事にして、無用に広まったりして金融庁にチェックされたりするのは不本意ですので、
敢えて記事にするのは控えるつもりです。


まぁ、そのうちフォワードの成績を開示したりするようになると自然と分かってしまうのですが。


取り急ぎ、記事にして見ました。あせあせ(飛び散る汗)ダッシュ(走り出すさま)





posted by Isha(愛謝) at 16:17| FX全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする