2014年04月15日

「シグナルプロバイダーになる方法」其の弐

すっかり春らしくなってきまして、場合によっては汗かいちゃいますね。

でもトレードでかく「冷や汗」じゃないんで、まだおっけ〜ですわーい(嬉しい顔)

ライブトレードの方は安定しています。
ここのところ連敗中ですが、ロジック通りのエントリーなんで問題は無いです。
そりゃ〜、負けない方が嬉しいですけど、やっぱりそういうロジックは無理があるんですよ、
...と僕は思います。

Myfxbookでの成績管理なんですが、メイン口座のAxitraderよりサーバー変更指示が出て、
それに従ったら、Myfxbookの方が遮断されちゃいましたふらふら

今まではインベスターパスワードでリンクしていたんですが、サーバー変更があると
当たり前だけど認識しないんですよね、でMyfxbookサイドでは変更できないみたいだし....。

という訳で、昨日からMyfxbookのブリッジを利用して繋げています。
どうせ、この口座もそんなに長く使えないみたいですから、このままで様子をみます。

さて、本題です。

前回、ミラートレーダーのストラテジープロバイダーになる方法として、

1)日本在住者(ブローカー)も視野に入れるか?

2)日本のマーケットは無視するか?

どちらかによってアプローチの仕方が異なりますよ!

というお話をしました。

今日は2)の日本のマーケットを無視して、Tradency ミラートレーダーのシグナルプロバイダー(ストラテジープロバイダー)になる方法の記事を書きます。


まず、Tradency社のHPを訪問して、どっかに”Be strategy provider"みたいに書かれている記述を見つけてください。
僕自身はもう何年もあのHPを訪問していませんですので、今現在どうなっているかは分かりません!

もし、それらしい記述が見当たらなかったらなんとかして「お問い合わせ」らしき記述を見つけて
そこに「ストラテジープロバイダーになりたいんだど、どうしたらいいのさ?」みたいな英語を
出来れば、google翻訳じゃ無い英文で問合わせてみて下さい。

もし現在も積極的に募集していれば、何かしらのアクションがTradency system teamからあるはずです。

何も返事がなかったら、「縁が無かった」とあきらめましょう!

で、運良く何かしらの返事が先方から頂けた場合ですが、それ以降は僕がした経験ですと...、

まず、Trade managerとBridgeをダウンロードする様に言われます。(MT4の場合)

で、自分のターミナルにインストールしてチャートにアタッチします。
もちろん手順の説明は英語ですが添付されてきます。

注意しなければいけないのは、(そうでもないか?)EAでも裁量でもどっちでもいいんです。
ミラートレーダーのストラテジーは全てシステムトレードだって誤解している方が多い様なので
敢えて記述しました。


それと...、
僕のブログの読者様にはいないと信じていますが、「商用EA」を自分が最適化したものでエントリーするのとか止めて下さいね。
100歩譲って、オープンソースのEAを改造したもの(これもホントはどうかなぁ〜?)くらいにしておいた方がいいと思います。
「別にばれなきゃいい」って考えるやつもいるかもしれないけど、そういう奴はこのブログの読者でいて欲しくないなぁ〜。

正直そういう人達には..."Shame on you!"って言いたい...

そこまで上手くいったら、あとはトレードしていってある程度の期間すご〜いパフォーマンスを出すと
「ライブ採用するよ!、つきましてはシステム説明とか作成してね^^」ってメールがシステムチームから
来ました。

ちなみにT-scoreが算出されるまで最低50トレード(だったと思う)必要です。

L.O.S.R.の時は、テスト期間は1ヶ月弱ですげ〜早かったです。
まぁ〜パフォーマンスが良かったからですが...、最初だけもうやだ〜(悲しい顔)

逆に後発のL.O.S.R. ver.Z.はいつまで経ってもライブ採用されなかったんで心が折れてしまいました。
それでもEUR/GBPはP.F.で1.72くらい、T.scoreは8を超えていたんですが...。

大体今までの経験では僕のシステムに限らず、ライブ採用されたばかりのストラテジーは「最初は」良いパフォーマンスを発揮することが多いように思えます。

ちなみにトレード条件も指定されますからご注意くださいね!
保有ポジション数は最大で4つ(昔は10とか普通にあったんですけどね...)
最大オープンポジションによって、最大ストップ幅も指定されます。

例えば、1つしか保有しなければ500pipsまでおっけ〜だけど、4つ持つなら150pipsとか...。
両建ては基本的に可能ですが、両建てオッケーのブローカーでしか採用されません。

それとすごい大事なんですが、trade manager内のポジションとブローカー側では保有ポジションが異なるケースがあります。
その状況が一番発生する確率が高いのは、週明けのギャップが発生した時です。

原因は各ブローカーのギャップ発生時の約定ポリシーが異なるからです。
この部分、???な方は一度真剣に何故なのかを考えて下さい。


...とまぁ、こんな感じで一気に書いてみました。
お役に立てば幸いです。

続きの「其の參」はあるかどうか分かりませぬ(笑)
ここらへんは気まぐれですたらーっ(汗)

で、随分偉そうに書いてるけど、現状アンタのL.O.S.R.はどうなのさ?と言われそうですが...、

現状、Aforexというロシアのブローカーのsubscriberの方がいます。
あとはたまにsemi-autoでフォローして下さる方々向けに細々とやってます。

まぁ〜、気長に地道にやってくしかないですね手(チョキ)

では、皆様の健闘を祈りますムード





posted by Isha(愛謝) at 17:19| Comment(0) | シグナルプロバイダーのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月11日

「シグナルプロバイダーになる方法」其の壱

っと、本題に入る前に「愚痴」といか「クレーム」というか、「ムカつくちっ(怒った顔)」というか...、

書いてすっきりしたいんで、ここ数日の某海外FXブローカーにまつわる話をちょっとだけ書きます。

そのブローカーは最近僕がメインブローカーにしたところで、スペックとかサポートにも
満足しており、それに伴ってトレード成績も手(チョキ)手(チョキ)手(チョキ)なので、このまま末永くお付き合いしていきたいなぁ〜ムードと一方的に思っていたのです。

ですが、やっぱり片思いでした失恋

僕が一番キライなのは、「顧客を公平に扱わない」もしくは「公平に扱おうとする姿勢を見せない」業者です。

だって、いくらスペックとかが良くても気分悪くて、そういう精神状態でトレードしてもいいことが起こるわけないからです!

もちろん、業者側も長年の付き合いとか、ボリュームが多いとかで提供する情報が変わってきてしまうのは、
サポートの人間も人間ですから多少は理解しますが、あんまり度重なると...、

「じゃ〜、そいつらとだけやってればいいじゃん!」

みたいな、不愉快な感情になる。

そもそも海外だろうと国内だろうと「金融業者」は情報の取り扱いに他業種よりも慎重であるべきで、
なおかつ、全ての顧客を公平に扱わなければいけないというべきである(...準備書面調^^;)

ここ数日、一部のIBのブログで...

「ここだけの話ですが...」

みたいなのを沢山目にしちゃって、気分悪いんです。

「ここだけの話」をブログ記事にするIBも常識ないと思うけど、
話すサポートスタッフも、コンプライアンス意識が低いと思うし、想像力が無さ過ぎ!

その「ここだけの話」を聞いたIB業者傘下以外の顧客がその記事をみたら不愉快になるだろう、
って想像出来なかったのかな?

こういうのは、性格だからおそらく直らないと思うのでクレームしても致し方ないんですけどね(笑)

「男は黙って出金!」

するか、

「その他大人の対応」を取るか...

とにかくですね、とても期待していた分、がっくしもうやだ〜(悲しい顔)ですよ。

今の状態じゃ他人に勧められない!恥かいちゃうよ!

「ここだけの話」を知らないんだから(泣)(笑)

まぁ〜、ここもどうもこのまま環境を変えずにトレードを継続出来ないみたいなんで、
(ここだけの話によると...)

監督官庁も変わるみたいだし、
(ここだけの話によると...)

また、良いブローカー探さなきゃふらふら




さて、本題です!前置きがなが〜い!

「シグナルプロバイダーになる方法」其の壱

特に、みなさんの関心が高いと思われる

ミラートレーダーのストラテジープロバイダーになる方法

について少し書きます。

まず、ミラートレーダーのストラテジープロバイダーになるときに考えなければいけないのは、

1)日本国内のFXブローカーにもシグナルを提供したいのか?

2)日本国内のFXブローカーにシグナルは提供しないでもよいのか?

を決めなければなりませぬ。

1)の場合はまず、

日本の投資顧問の許認可を受けて下さい。

その取り方につきましては、各自お調べ下さい。ダッシュ(走り出すさま)

そういうのを持っていないと、某L.O.S.R.の様にこうなります↓
http://landsofthesunrise.seesaa.net/article/384268002.html

という訳で、これが無いと話が先に進みません。

「イヤでも、投資顧問とるのに預託金500万とか聞くし、取らないでもやる方法ないの?」

という方々は、国内の投資顧問業者の傘下でストラテジープロバイダーとして登録して、別途各々が実施している審査に合格してください。
(各社積極的に良いシステムを探していらっしゃる様です。僕のところにもわざわざ関東の某都市まで2度も足を運んでくださる業者様がいらっしゃいましたよ)

「傘下」になりますから、当然見入りの手数料は減りますよ。
「シストレ24」などのTradency社以外のシステムは全てこの形式のはすです。
(間違っていたらごめんなさい)

次回は、2)の「日本のマーケットは無視」する場合のケースについて書きます。
2、3行で終わっちゃうかもしれないですけどあせあせ(飛び散る汗)




posted by Isha(愛謝) at 14:40| Comment(0) | シグナルプロバイダーのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月09日

「シグナルプロバイダーになる方法」予告編

トレードは引き続き順調です手(チョキ)

http://www.myfxbook.com/members/428444/losrlands-sun-rise/838533

本当にこの調子を維持したいと切に願いますムード

もちろん、自分自身にかかっているんです(笑)

今までやられてきた、夏〜冬、冬〜夏の時間の切り替え時期もとりあえず今回の冬時間から夏時間は乗り切ったぁ〜パンチ
次は夏時間から冬時間への切り替え時に、改めて気合を入れなおして慎重に運用します。

さて、

先日下記の様なコメントをいただきましたわーい(嬉しい顔)


..."L.O.S.R."さんのブログ、拝見させていただきました。
SPのいろいろな話を見て、とてもとても参考になりました。

私はEAのアフィリエイター兼SPとして細々と活動している者です。

お聴きしたかったのですが、私の場合は国内のEAポータルサイトの「GEM-TRADE」、「FX-ON」などにSPとして登録してEAを公開しているのですが、TradencyなどのミラートレードのSPになるには、どのような段階を踏んでいけばいいのでしょうか。zuluTRADEにも登録しているのですが、そこで好成績を収めないといけないということなんでしょうかね・・。

もしよろしければ、"L.O.S.R."さんがTradencyのSPになった、そのきっかけなどをご教授いただけませんでしょうか。

大変不躾なお願いで申し訳ありません。もしよろしければ、お願いいたしますm(__)m...


...というコメントです。

読んで下さってありがとうございます。

以前同じようなコメントを他の方からも頂いた記憶があるので、ミラートレーダーのストラテジープロバイダーになるための手順とか諸々を差し支えない範囲で記事にしてみようと思います。

「シグナルプロバイダーとして...」となると、今は無きトレードメッセンジャーや(笑)、トレーダーズファーム、zulu trade、カレンシーやら...、いろいろ思い出さないといけなくなるので、
今回はミラートレーダー、特にTradency社のケースを記事にしようと思います。

という訳で、今日はとりあえずそのうち書きますよ〜という予告で終わります(笑)

...だってポジション保有中なんだもん


話は変わって...、
最近知る人ぞ知るっていうかカリスマブロガーのyuminnkoさんがブログを再開したみたいですね!

僕はyuminnkoさんのブログの初期に読者でコメントしてたりしてた時期があったのですよ、まだL.O.S.R.の開発に取り組む前のダメダメトレーダーの時ですねふらふら
(...まぁ〜今もダメダメと言えば、ダメダメだけど)

彼女(?)のブログには諸説ありますが、一時時でもファンであった立場からするとホントであって欲しいですよね!
僕があのブログを読まなくなった理由は、いくつかどうにも言い訳出来ないだろう!っていう矛盾点があったからです。
それで、一気に冷めてしまいましたバッド(下向き矢印)
そこらへんのこともいつかは記事として書きたいなぁ〜と思っています!
これも予告編ってことで(笑)

ってことで次回以降は、

「ミラートレーダーのストラテジープロバイダーになる方法」を書いて、
そのうち気が向いたら、「yuminnkoブログの功罪(仮題)」を書きますね(笑)

でも...、「ストラテジープロバイダーになる方法」って3行くらいで終わってしまうかもたらーっ(汗)

...ですからあんまり期待はしないで下さいねダッシュ(走り出すさま)




しかし...、こんなに好き勝手に書きますよぉ〜とかやってて、そのうち関係各所からクレームが来るんじゃないでしょうか?どんっ(衝撃)

まぁ〜いいんですけど、別に業界人じゃ無いから怖いもんないし(笑)
ちゃんと素性がはっきりした関係先からのクレームは真摯に受けとめま〜す!ってこれも予告(笑)

素性がはっきりしない、どう右から読んでも左から読んでも、下から読んでも悪意があるだろうっていう
誹謗・中傷の類はIPその他を晒しますから、こんな感じで...


IP Address: 61.xxx.xxx.xxx
ISP:     NTT
Organization: GMO Internet, Inc


ですから〜、
僕みたいな「小物」を相手にしないで、もっと「大物」に食い付くか、もしくは他人の心配や妬んでいる暇があったら自分のトレードを頑張りましょうねexclamation×2
ホントに面倒はイヤですから、そういう方たちは僕に近寄らないで下さいねちっ(怒った顔)
(ただでさえ今、本人訴訟で裁判してるっちゅうのに...)

...って、また言い過ぎちゃったかなあせあせ(飛び散る汗)


posted by Isha(愛謝) at 17:02| Comment(2) | シグナルプロバイダーのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日

ミラートレーダーストラテジープロバイダーとしての収入がグーグルアドセンスの収入と同じくらいな件...

随分と長い記事のタイトルだこと(笑)

まぁ〜仕方ないんですけどねもうやだ〜(悲しい顔)

先週くらいから再開した既にライブ採用されているストラテジーのミラートレーダーにおけるL.O.S.R.(日本国外限定)の配信収入が、今年から始めたグーグルアドセンスの広告収入と同じ位なんですよ、現時点でたらーっ(汗)

別に喜んでいる訳じゃないんです!むかっ(怒り)

グーグルアドセンスはほんと素人だし、最初はずぁ〜とゼロが続いてたんで、少なくても収入が発生している現状はちょい嬉しいです。 このまま続けていこうと思います。

問題はミラートレーダーストラテジープロバイダーとしての収入の方で、最盛期(短かったですけどねあせあせ(飛び散る汗))にワンシグナルで約$100の収入があった頃と比べてしまうと、バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)ですがぁ〜

あのまま上手く続けてたらなぁ〜

自業自得だったんで、これから頑張るしかないですね。ふらふら

”日本国外限定”になってしまっているので、このブログの読者の方々は成績とか閲覧できないですが、
再開後、ある程度トレード数が積み重なってきたらキャプチャーでも貼り付けます。

そうやって、工夫して自分のモチベーションを維持していかないとさすがに続けられないのです。



さて、話は変わって...

皆さんはFXでの「自己アフィリエイト」は

ご存知ですか?


国内のブローカーだと、口座開設に付きいくらかもらえるとかありますよね?

海外ブローカーだと取引量に応じたキャッシュバックが受けられます。
もちろん、「自己アフィリエイト不可」のブローカーもあります!

でもですね、cashbackforex とか finalcashbackとかいろんなキャッシュバック業者がありますが、
それらの業者から30〜90%のキャッシュバックを受けるより、「自己アフィリエイト」をやった方がお得じゃないですか?ひらめき

誤魔化されないし...(笑)

それにどう解釈しても「自己アフィリエイト」するのに許認可などは不要であると思いますし、
先日関係者にも確認したのですが、逆に「金商」とかもっている業者の方が日本の金融庁から許認可を受けていない海外業者は扱えません。扱っていたら「認可取り消し」だそうです。

この意味は分かる方たちには分かっていただけると思いますわーい(嬉しい顔)

現在僕がアフィリエイトIB契約をしている業者で、「自己アフィリエイト」するのに一番ハードル低いのが、

ここです!↓





興味が有る方は自己責任(the princple of self-responsibility)で検討して見て下さい。
アフィリエイト用の画面も全て日本語にローカライズされていますから、分かりやすいですよ
手(チョキ)

「自己アフィリエイト」をやる分には、ブログも不要ですひらめき

ちょうど今は、100%ボーナスもやってるし...ダッシュ(走り出すさま)

何かご質問があれば、このブログ右サイドバーにあるお問い合わせ欄からメールでお問い合わせ下さいねわーい(嬉しい顔)




posted by Isha(愛謝) at 16:03| シグナルプロバイダーのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

チャット三昧(クレーム)

先程までライブチャット三昧です。

とはいえ、楽しいやつではありませぬ。わーい(嬉しい顔)

クレームおよび問い合わせです。ふらふら

まずはzulu trade...

以前から理不尽なことがあったので、メールの返信も来ないしチャットしました。

理不尽なことは理不尽でそれは「company rule」だってことで、もう言ってもしゃ〜ない!
ってことが分かりました。

ただその理不尽を避ける技を教わったので、ほんとはもうやめてやろうか!ちっ(怒った顔)
って思ってましたが、しばし続けま〜す。

確かにzuluは昔よりは大分しっかりしてきたとは言えいまだ「成長過程」で、日本人が望む
様なカスタマーサービスには程遠いです。
まぁ、”日本人が望む”ってのも問題で、これがあちこちで「傲慢な日本人」っていう
日本人像を形成しているのかもしれない。

ただ「お金」がからみますからねぇ〜

大人しく黙っていても得なことないですよ。

まぁとにかく完璧は求めないことですね。

(まったく、昨日のトレードがことごとくパフォーマンスに反映してないし...パンチ

で、続いてがCurrensee(カレンシー)

実はcurrenseeのリーダーボードについ先ごろから登録していて、結構良い位置に
いるのですが、
カレンシーって仕組みがいまいち分からないあせあせ(飛び散る汗)

もちろん資産運用を任せる方ではなくて、トレードリーダーとしてのアプローチを
しているですが、どうもしっくり来ないです。

皆さん、把握していらっしゃるのでしょうか?

日本人になじみ易いビジネスモデルだと思いますか?

今あるアカウントのパフォーマンスがそれなりに良いのですが、リスクレベルが
高いので別のアカウントは無いのか?と問われたので
PEPPERSTONEを使おうと思ったのですが、あのブリッジってトレードしているターミナルと
別のターミナルを立ち上げないといけないんですよね?

そうなると今FXDDが2つあって、そこにpepperstonex2とやると
うちのウィンドウズデスクトップがのメモリーがやばそうなんで、今どうするか悩んでいます。

そこらへんのこともサイトを見る限り書いてないし、今日やっとチャットでmake sure出来たけど、それまで一人で悩んでましたよ。

英語が苦手な方々はどうしてるんでしょうか?

そういうとこはcurrenseeも不親切ですよね。

(ただ、英語が分かってもそれの意図するとこが分からない!ってのも多いんですけど^^)

もう一台ウィンドウズデスクトップを契約しようか?
SPDDってとこありましたよね?
どなたか既に使っている方がおられたら、使い勝手を教えて下さいませ。

あと、カレンシーのリーダーボードに登録してらっしゃる方で、
流れを把握されていらっしゃる方がおられましたら、こちらも合わせてご教示下さいませ。


...まったく今月はやること多いなぁ〜もうやだ〜(悲しい顔)


とりあえず、現在のカレンシーリーダーボードに載ってるパフォーマンスを貼り付けておきますです。

ただこれは実際には使わないと思いますよ、最終バージョンのL.O.S.R.で勝負したいと思います。ひらめき

ご参考までに...ダッシュ(走り出すさま)

currensee.JPG

posted by Isha(愛謝) at 17:22| Comment(4) | シグナルプロバイダーのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

シグナルプロバイダーを選ぶとしたら...

やっと秋らしくなってきました!

今日も昨晩思いついた事を検証するために、パソコンに向かってます。

その検証作業自体は先程終わって、チャートセッティングして来週から
走らせます。
内容はなんとかもう少し「ヒヤヒヤ」しなくて済む方法(笑)

EUR/JPYに関してはもういじる余地が無い位、様々な検証をしてきたので
今回は別の観点からチャートを一枚足すことにしました。

ライブでEAを稼動させてから今まで2回DDがあったのですが、
何とか乗り切って、逆に多くの利益を獲得することが出来ました。

今回は過去2回よりはDDの幅も狭いし、証拠金維持率も余裕があるのですが、
DDはやっぱり無い方が良いに決まっている。
(ちなみに現時点での当方の証拠金維持率は、レバレッジ400倍で7500%を
超えています、ご参考までに。)

あとは、EAフォローのマニュアルトレード用のアカウントを別に開こうかなぁ〜?
評判悪いし...。

とにかく運用を重ねて行く事で表面化してきたネガティブな要素は、一つ一つ潰して
いきます。

さて、表題のシグナルプロバイダー選びの話です。

当方は選ばれる側なんで、本来はこういうことを書いちゃいかんのですが、
昨日かな?このブログへのアクセスを調べていたら、どうも2chで何か
書かれているらしく、読んでみたら参考になる書き込みもあったり、また
「見当違い」の書き込みもあったりで、実際に自分がシグナルプロバイダーを
やって気付いた事を書いておこうかな?と思ったので番外編として書いておきます。

ミラートレーダーのストラテジープロバイダー選びにも利用出来るかもしれません。

まず、「zuluランキングはあまり当てにならない!」

よく30位以内のSPをうまく組み合わせれば、それなりのパフォーマンスが出る
んじゃないか?ってのを見ますが、それ根拠無いです。
正確に言うと、過去の綺麗な資産曲線を描くには有効です。

次に、「やっぱりライブで運用しているSPを選んだ方が良いんじゃない?」

上位SPのほとんどは、こういう風に書かれてますが...

シグナルプロバイダーはデモ口座からシグナルを送信していますが、ZuluTradeにライブ口座を持ち、
彼自身で発するシグナルを受信しています。しかし、このシグナルプロバイダーは、
すべてのシグナルをそのライブ口座にて受信することはできないために、
パフォーマンス結果は、そのシグナルプロバイダーのデモ口座での取引を基準にしており、
それは、推測に基づくものです。


僕だったらこれは選択しない!
何故なら、これを読む限り「ライブと同じレートで取引されている」様な錯覚に
陥りますが、

されてません!


これは自分で3つのアカウントを運用していて分かるのですが、ライブアカウントと
反対売買していても(L)マークが付きますね。
ですから、ただライブのアカウントを持っている!くらいに考えておいた方が良いです。

やはり、

シグナルプロバイダーは、自己資金を使用してZuluTradeで取引をしており、
ライブ口座を使用してシグナルを送信しています。
パフォーマンスの結果は、そのシグナルブロバイダーのライブ口座での取引を
基準としています。


この様に書かれているライブ口座配信で、なおかつ今後順位が上がっていくと予想
されるSPを選択していくと、それなりにうまくいくのではないかと?
(それと大きな声では言えませんが、私の様にミラートレーダーとzuluを両方やっている
SPも少なからずいるのですが、zuluで良くてもミラートレーダーではダメ!というSPも
避けた方が宜しいのではないかと...)

あと、

SPの「おいしいとこ」取り、を狙って頻繁にSPを入れ替える方もいる様ですが、
かえって「まずいものばかり」食わされてませんか?
これも「策士策におぼれる」の典型ではないかと。

気になったのは「ナンピン」に関する書き込みの多さで...、

「ナンピン」が善か悪か?っていう結論は一旦置いといて、

自分は、
「リスクに応じた可変でのエントリー」と考えています。

ブレークアウトで失敗したにもかかわらず、ナンピンしたらそれは目も当てられないけど、
カウンターでナンピンする場合は、

最初に入る場所
ステップ幅
手仕舞いする場所


が適切であれば、利益の最大化に寄与するんじゃないでしょうか?

自分だったら絶対に選ばない「ナンピン/マーチンゲールロジック」は、

一定pipsでのステップ幅
最初のエントリーと最後のエントリーの仲値で決済

というロジックを組んでいるSPおよびEA。

良く市販のEAでもこのロジックを見受けますが、いまだに残っているものは
あるのでしょうか?

SP選択の際に、良くヒストリーを分析して上記が使われているか確認した方が
良いですよわーい(嬉しい顔)

それと気が弱い日本のzuluユーザーの方々が心配なので、ひとつ付け加えますと...

オルファントレードってあるのですが、ご存知ですよね?
SPが決済したにもかかわらず、フォローワーが受信出来ていないというトレードのことです。

結構頻繁にあるのですが、こちら側でオルファントレードを確認したら出来る限りすぐに
クローズして対応するのですが、クローズ出来ない事が多いです。
zuluにこの場合はどうするんだ?って聞いたら「あとでフォローワーがクレームしてきたら
払い戻す」って言ってました。

皆さん、クレームして払い戻ししてもらってますか?
泣き寝入りしてませんか?


日本の方は大抵おとなしいので、ちょっと心配になって書いてみました。


...以上好き勝手に書きました。
ライブアカウントのL.O.S.R.の運用を前提として書いたものです。


デモの.jpやJapanについて言及したものではありませぬ。
ので、そこらへんのクレームは受付不可です(笑)

自分のアカウントは、まずは現状のリカバリーに集中しないとふらふら

これはもう、自分の思う様にはいかないので待つのみ!ですね。たらーっ(汗)

posted by Isha(愛謝) at 18:32| Comment(10) | シグナルプロバイダーのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする